医療法人社団晴山会 おしきり眼科

おしきり眼科は武蔵村山市にある眼科(予約優先制)です。

TEL.042-562-6688

〒208-0011 東京都武蔵村山市学園3-50-1

未分類

色覚検査について

学校における色覚検査に関して、平成26年4月30日に文科省の通知において、従来希望者への色覚検査を実施していなかった学校において、適切に対応することや養護教諭等が学校における色覚検査について正確な知識を持つことの重要性が指摘されています。

平成27年9月には日本眼科学会と日本眼科医会のこれに関する見解が出て、希望調査の適切な実施方法や希望調査票の活用、推奨する色覚検査表やその判定の仕方について述べられています。それらを踏まえ、色覚異常の児童生徒が学校生活や進学、就職等で不利益を受けることがないよう、教育委員会・学校医・学校が連携の上、正しい色覚検査が実施されるよう対応をお願いしています。

先天色覚異常は男性の約5%(20人に1人)、女子の約0.2%(500人に1人)の割合でみられます。色が全く分からないのではなく、色によって見分けにくいことがある程度で、日常生活にはほとんど不自由はありません。しかし、状況によっては色を見誤って周囲から誤解を受けることや、色を使った授業の一部が理解しにくいことがあるため、学校生活での配慮が望まれます。本人には自覚がない場合が多く、児童生徒等が検査を受けるまで、保護者もそのことに気付いていない場合も少なくありません。治療方法はありませんが、授業を受けるにあたり、また職業・進路選択にあたり、自分自身の色の見え方の特性を知っておくためにも色覚検査は大切です。

先天性色覚異常への対応には、一般知識(誤解)に対するアドバイスとして、先天色覚異常の有効な治療法はないこと、白黒の世界ではなく、色知覚は可能であること、普通自動車(第1種)に免許はほとんど取得できること、理工系・医歯薬系の大学にも進学できることなどがあります。見る条件や色覚異常の方や程度によっても異なりますが、色誤認しやすい色の組み合わせがあります。具体的には、焼き肉の肉が焼けたかどうか見分けにくいということがあります。色誤認をきたしやすい条件(環境)は、暗い環境下、対象物が小さい場合、鮮やかさの低い中間色、集中力が欠如しているとき、急いでいるとき、疲れているとき、イライラしているときがあります。

家族から教師へのお願いとしては、他の児童に知らせることを避け、嫌な思いや恥ずかしい思いをさせない、色を扱う授業も他の児童と同様に行わせ、色誤認があっても、個々の見え方や感じ方を大切にし、自尊心を傷つけないよう、劣等感を抱かせないよう細心の配慮を求めています。

最後に職業選択上のアドバイスとして、本人の希望・意思を尊重し、いたずらに職種を制限せず、会社の受け入れ状況、業務内容を確認させ、色覚異常者が不利益を受けることがないようなアドバイスが求められています。色覚異常が問題となる資格試験には、航空機乗組員、海技従事者、鉄道関係などの職業運転手、警察官、自衛官、消防などで、ハンディーとなる職種は印刷、塗装、繊維工業、野菜や魚の鮮度の選定など微妙な色識別を要する職種があります。

27年夏休み 北部九州旅行3

にっしょうかん別邸紅葉館からの長崎の夜景。

世界新三大夜景の長崎の夜景スポット稲佐山公園展望台の対面に旅館がありました。

標高は低いのですが、食事をしながらゆっくりと夜景を堪能できました。

色々と条件を変えて撮影してみましたが、難しいです。

DSC_2169 (2) DSC_2181 (2) DSC_2200 (2)翌朝、巨大な豪華客船が入港していました。

DSC_2208 (2)

こちらは今回利用した小さなアクア。相変わらず燃費が良いです。

DSC_2213 (2)

眼鏡橋と護岸のハート形の石垣。

DSC_2222 (2) DSC_2221 (2)

平和公園 平和祈念像と長崎の鐘。

DSC_2233 (2) DSC_2229 (2)

グラバー邸。園内の建物が傷んでいて一部修復中でした。

DSC_2246 (2)

豪華客船はジェノバのコスタ・セレナ号でした。

DSC_2258 (2)

今回は台風が心配でしたが、天気に恵まれすぎて、猛暑で疲れました。

雨男の神通力も還暦と伴に消滅したようです。(笑)

やっぱり夏は涼しい処が良いですね。

IMG_2176

27年夏休み 北部九州旅行2

嬉野温泉 萬象閣・敷島の貸切露天風呂。

IMG_2151 (2)

有田陶芸の里プラザ。

当初は佐賀県立九州陶磁文化館を予定していましたが、月曜日は休館日でした。

ようやく有田焼のフクロウグッズを仕入れることができました。

また、HPでアップします。

DSC_2081 (2) DSC_2082 (2)

ハウステンボス。

アトラクション施設には立ち寄らず、シニア向けの満喫チケットで入場。

タワーに上れなかったのは誤算でした。

DSC_2089 (2) DSC_2090 (2) DSC_2091 (2)園内はカナルクルーズで移動。

DSC_2094 (2) DSC_2100 (2) DSC_2103 (2) DSC_2104 (2) DSC_2106 (2)パレスハウステンボスで美術館と庭園を見学。

DSC_2110 (2) DSC_2117 (2) DSC_2120 (2) DSC_2135 (2)ポルセレインミュージアムで色々な有田焼を見学。

DSC_2142 (2)オランダらしい風車のある風景。

DSC_2152 (2) DSC_2155 (2)この後は最後の宿泊地の長崎市内へ。(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

27年夏休み 北部九州旅行 1

27年8月の夏休みを利用して、福岡・佐賀・長崎旅行に行ってきました。

これで、九州は全県制覇。全国制覇まで、残るは本州の富山と四国の香川以外の3県になりました。

8月8日(土)診療終了後に羽田から福岡に向かって出発。博多駅前の都ホテルに宿泊。

団体客が入っていてツインが満杯なので、差額なしでジュニアスウィートにグレードアップ。

IMG_2142 (2)翌日は、柳川市内の川下り。

DSC_1942 (2)

女性の船頭さんは3人いるそうですが、そのうちの一人が担当でした。

DSC_1959 (2)

元気な声で挨拶されました。

DSC_1954 (2) 河童の昼寝。

DSC_1966 (2) 川岸の柳が綺麗。

DSC_1969 (2) 中間地点のお休み処。DSC_1974 (2) DSC_1989 (2) 船頭さんが楽しそうに話をしていました。DSC_2008 (2) DSC_2012 (2) 柳川藩主立花邸 御花。DSC_2006 (2) 庭園 松濤園。庭を見ながら鰻の蒸篭蒸しを頂きました。 DSC_1996 (3)

昼食後は佐賀県の吉野ヶ里歴史公園へ。DSC_2014 (2) 環濠集落を守るように杭も作られていました。

DSC_2018 (2) もののけ姫に出てきそうなイノシシ。

DSC_2020 (2) 中庭を囲む住居と矢倉。

DSC_2025 (2) 気温37.5℃。暑い中、糸作りの実演を行っていました。DSC_2029 (2) 見張り櫓からの眺め。

DSC_2032 (2) DSC_2034 (2) DSC_2036 (2) DSC_2039 (2) 東南アジアのような景色。DSC_2042 (2) 集落の中心の王宮。DSC_2050 (2)

さすがに猛暑が厳しく、全域を回り切れませんでした。

その後は無理をせず、宿泊先の嬉野温泉に向かいました。(つづく)

眼科と在宅医療との関わりについて

東京都眼科医会報2015年夏号の「診療あれこれ」に投稿した内容です。

**********************************

平成27年度第2回目の介護認定審査会の資料(認定基本調査票、特記事項、主治医意見書)の事前の読み込みが済みました。今回は1次判定の変更は少ないようでした。

武蔵村山市医師会では、会員数が少ないので診療科に関係なく正会員は介護認定審査会の委員を順番で最低でも1期2年引き受けることが義務になっています。但し、特別な事情があれば免除されます。前回は北多摩医師会の理事や市医師会の副会長兼会計を行っていたので免除させて頂きました。今年度その順番がまた回て来ました。5月末に3期5年務めた市医師会の会長を退任して時間的に余裕ができるだろうということで、引き受けることになりました。

武蔵村山市で開業して22年目になりました。20年もやっていると慢性疾患の患者さんの高齢化が進み、開院当時に比べると80歳以上の患者さんが大幅に増えてきています。また、病気や足腰が弱くなったという理由で一人では通院するのが困難になって、家族が付き添って時々来院したり、家族が薬だけ取りに来る人も年々増えてきています。また、一方では待合室の床に唾を吐いたり、ズボンが濡れていて尿臭のする患者さん、果てには待合室で毎回失禁してしまう患者さんなどもいて、職員もその対応に苦慮しているところです。

今回、介護認定審査会の見学や初回の研修会を受けて実際の資料を見てみると、前述した外来で対応に困っているような患者さんは特別なことではなく、介護の現場では日常茶飯事で当たり前のことのようです。

日本眼科医会では以前から眼科も在宅医療に積極的に関わるように推奨しています。私もホームページでは「往診します。」と告知していますが、実際は年に2~3回程度でそれほど積極的ではありません。最近外来患者数が減少してきていることや受診したくともできない患者さんが増えてきている現状を考えると今後在宅医療の需要は増えると思われます。全ての眼科医が在宅医療をやる必要はないと思います。必要を感じている眼科医が、まずは自分ができることから始めることが大切だと思います。

ただ、往診は病状の急変などがあり患家からの要請がないと行けません。一方、目の4大成人病(白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症)のような慢性疾患の場合は応急的な往診ではなく、定期的な訪問診療が必要と思われます。

しかし、診療報酬上は内科等の他科がすでに訪問診療料を算定している場合、眼科では算定できず往診料で対応するしかないようです。これが、眼科が在宅医療に関わることを妨げている原因の一つと考えられます。今後の診療報酬の改正の際は、眼科や耳鼻咽喉科、皮膚科等の内科以外の専門医の訪問診療を認めるようにして欲しいと思っています。

2025年問題―団塊の世代の人たちが全て後期高齢者になり、それに伴う医療や介護の社会保障費の増加が問題視されています。その対策として国は「地域包括ケア」のシステム作りを進めています。28年度末がタイムリミットですが、眼科も何らかの形で協力して行く必要があると考えています。

そして、2025年には自分は70歳。健康寿命を考えるとたぶん大丈夫だろうと楽観はしていますが、今まで通りに医療を提供する立場にいるのか、それとも医療や介護を受ける立場にいるのか、私のもう一つの2025年問題です。

PM2.5と目

大気中の微小粒子状物質(SPM)の中で、粒子径が2.5μm以下の小さな粒子のことをPM2.5といいます。

その成分には、炭素成分、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩の他に、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなどの無機元素などが含まれます。

中国での大気汚染が有名ですが、日本でも日常的に存在しており、物の燃焼により発生する一次生成粒子は焼却炉や鉱物堆積場などばい煙や粉塵を発生する施設や火山などの自然由来あるいは越境汚染によって発生します。家庭内でも、喫煙や調理、ストーブなどからも発生します。

環境大気中での化学反応により発生する2次生成粒子は、火力発電所や自動車などでの燃料燃焼、塗料や石油などの蒸発によって発生します。

病気との因果関係や有効な治療法の検討はまだ始まったばかりですが、最も危惧されるのは呼吸器疾患です。PM2.5は非常に小さいため、呼吸に伴い肺の奥まで入り込んで喘息や肺炎などを引き起こす可能性があります。

眼疾患の例としては、PM2.5自体が角膜を物理的に傷つけることによる角膜障害や涙液動態が変わることで発生するドライアイなどが挙げられます。

また、PM2.5がアレルギーを起こしやすくしてアレルギー性結膜炎症状を誘発および増悪させていることや瞬きの際の結膜擦過等による物理的な刺激がアレルギー性結膜炎を引き起こしている可能性が示唆されています。

PM2.5に含まれる硝酸塩や硫酸塩が水分のある状態で弱アルカリ性の花粉被膜に接着すると、これらの酸性力により花粉の被殻が損傷し、内部の花粉アレルゲンが放出されることも実験的に証明されています。

予防策としては、PM2.5や大気汚染の状況を確認し、警告が出ている場合は外出をできるだけ避けて、もし外出するときは「N95」マスクや「DS2」防塵マスクや防塵眼鏡を使用して、帰宅時はうがいを励行して下さい。

参考文献:Allergy Specialist’s Voice PM2.5 監修:東京女子医大東医療センター 三村達哉講師 (資料提供:日本アルコン)

タトゥー関連ぶどう膜炎について

先日、眼科の論文の要約のメールマガジンを見ていたら、気になるタイトルを見つけました。

それが「タトゥー関連ぶどう膜炎」です。

以前はプロレスや格闘技の選手のタトゥーが気になっていましたが、最近はワールドカップでもサッカー選手のタトゥーが目立って来ています。

眼科では、アイライン代わりに入れ墨を瞼に入れている年配の女性を時々診察しますが、日本でも若い人の間で流行していて、時々街や診察時に見かけます。

論文はアメリカからの症例報告で、タトゥーを入れた皮膚の隆起・硬化と同時に発症するぶどう膜炎の臨床所見について報告しています。

症例数は7例、18か月経過観察が行われていて、そのうち5例が両眼性で4例が慢性、1例が再発性でした。生検では真皮内に残っていたタトゥーのインク周辺に(非乾酪性の肉芽腫性)炎症を認めています。

5例では治療後タトゥーの隆起と硬化の再発と同時に眼内炎症の再燃を認めていて、皮膚へのタトゥーが目とタトゥーを入れた皮膚に炎症を引き起こす免疫応答(反応)を同時に誘発したと結論付けています。

今後ぶどう膜炎の患者さんを見つけたら、皮膚のタトゥーにも気を配る必要があるようです。

(原著:Ostheimer TA et al.  Am J Ophthalmology 2014,158:637-643.el)

(編者:竹内大)

 

東北旅行 その2

3日目は十和田湖から青森市内に移動。台風一過の晴天でした。

DSC_0063 (2)

最初に「棟方志功記念館」を訪れましたが、館内は写真撮影禁止でした。

お土産に「志功美魅寿玖の柵」を購入しました。

次は、ねぶたの家ワ・ラッセへ。実際に今年お祭りに参加した山車が数台展示されていました。

DSC_0078 (3)

今年の「知事賞」の山車です。

DSC_0092 (2)

ねぶた面、作者の違いが分かります。

DSC_0100 (2)

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸に続く線路

DSC_0119 (3)

三内丸山遺跡の大型掘立柱と大型竪穴住居

3泊目は鰺ヶ沢温泉水軍の宿でした。

日本海に沈む夕日を見たかったのですが、見れなかったのが誤算でした。

IMG_1490 (2)鰺ヶ沢はブサイク犬わさおで有名です。

 4日目は新青森から帰る前に弘前見物。

DSC_0152 (3)

青森とは違う弘前ねぷたの山車。

DSC_0134 (3)

旧弘前市立図書館。

周囲の洋館もいくつか見てきました。

DSC_0170 (3)

桜の名所弘前城。

沢山の人が植木の手入れや雑草取りをしていました。

DSC_0193 (2)

田舎館村の田んぼアート(第1会場)。三保の松原の天女。

第2会場はサザエさんファミリーでした。

IMG_1494

一関~新青森までの4日間。走行距離536Km,燃費は26.7Km/Lでした。

(尚、写真は投稿の容量制限のため全てトリミングしました。)

これで、本州でまだ行ったことがない県は富山県のみになりました。

 

東北旅行 その1

夏休みを利用して、8月10から13日まで岩手・秋田・青森の東北旅行に行ってきました。

実は、山形生まれなのに青森には行ったことがありませんでした。

台風11号が近づいていたので、当初の予定を変更して屋内で見学できる施設を中心に見てきました。

第1日目は、立川からむさしの号に乗って大宮に行き、そこから東北新幹線で一ノ関まで行き、そこからレンタカーで世界遺産の平泉の毛越寺と中尊寺を訪れました。

台風による強風や雨にもかかわらず多くの観光客が訪れていました。

「雨にも負けず 風にも負けず 人は世界遺産を目指す。」

 

IMG_1390 (2)毛越寺のハス

 

IMG_1415 (2)中尊寺の御本尊

IMG_1414 (2)本堂の展示会場の書 「夢」

IMG_1422 (2)峯薬師堂の「め」の絵馬

その後、宿泊地の花巻温泉佳松園に向かいました。

2日目はまだ台風の影響が残っていましたので、、花巻市の宮沢賢治童話村に立ち寄ってから十和田湖に向かいました。

IMG_1447 (2)

宮沢賢治童話村 ファンタジックホール

DSC_0018 (2)発荷峠からの十和田湖

 

IMG_1461 (2)台風のためスワンボートは休業でした。

DSC_0029 (2)お馴染みの乙女の像

DSC_0046 (4)奥入瀬渓流も台風の影響で増水していて、木の枝がたくさん落ちていました。

IMG_1480 (2)木造の十和田ホテル本館

私たちは別館に泊まりました。

(つづく)

 

 

 

 

 

認知症と白内障手術について

以前より、認知症の患者さんが白内障手術を受けて視力が改善すると認知症も改善すると言われていました。

今回Medical Tribune 7月24,31日号に、アメリカの認知症を合併した白内障患者さんの手術群と非手術群のそれぞれの6か月後の視力と認知機能の変化を調べた研究についての記事が1面に載っていました。

手術群では非手術群に比べて視力改善程度が大きく、視力関連のQOLスコアの低下が見られなかった。更に、認知機能を調べる各種検査でも良好な結果を示した。

日常生活動作スケールの悪化も抑制されていて、患者本人の精神症状スコア、介護者のストレススコアの改善も認められた。

予備的な結果ではあるが、認知症に合併する白内障の手術により視力の改善や視覚障害に関連したQOLの改善が確認されたと結論した。

また、記憶や実行機能の低下が抑制され、問題行動に関連した指標の改善も認められた。

これについて、認知症患者への十分な医療による利益を支持する結果で、視覚だけでなく聴覚など、その他の感覚機能低下への介入に関する研究が進めば、認知症患者と介護者のQOL改善につながるのではないかというコメントも紹介した。