医療法人社団晴山会 おしきり眼科

おしきり眼科は武蔵村山市にある眼科(予約優先制)です。

TEL.042-562-6688

〒208-0011 東京都武蔵村山市学園3-50-1

16日

視力と手術時期について

視機能に関する検査には、視力検査、屈折検査、調節検査、眼位検査、両眼視検査、眼球運動検査、視野検査、色覚検査、光覚検査等があります。更に、視力検査には裸眼視力検査と矯正視力検査、両眼開放視力検査、近見視力検査、動体視力検査等があります。

一般的に眼科で行われる視力検査は片眼づつの裸眼視力検査と矯正視力検査です。

時々、患者さんの訴えと眼科医の見解が食い違うことがあります。患者さんはメガネやコンタクトレンズを使用していても裸眼視力の結果で症状を訴えることが多いようです。それに対して眼科医は矯正視力の結果に基づいて病状を判断します。メガネやコンタクトレンズを使用していなければそれらを勧めますし、現在使用しているメガネやコンタクトレンズで矯正した視力が不十分な場合は作り直しを勧めます。その為、話が食い違って混乱することがあります。

例えば白内障の場合、メガネやコンタクトレンズで近視や遠視、乱視を矯正して視力が出ていて、日常生活に支障がなければ問題なしと判断して、白内障があっても通常はすぐに手術を勧めることはありません。前述しましたように、視力検査は視機能の一部を見ているにすぎませんので、他の視機能や日常生活にどのような支障があるのかなども総合的に判断して、手術時期や治療法を決めて行きます。

最近では、白内障手術の技術や器械の進歩に伴い安全性が向上して手術時間が短縮され、合併症の危険性も減少しつつあるため、手術を以前より早目に行う傾向にあります。それでも、患者さんの全身合併症や仕事の内容、生活パターン等の目以外の要素も考慮して総合的に判断しますので、主治医とよく相談して手術時期や治療法を決めるようにしましょう。