医療法人社団晴山会 おしきり眼科

おしきり眼科は武蔵村山市にある眼科(予約優先制)です。

TEL.042-562-6688

〒208-0011 東京都武蔵村山市学園3-50-1

ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人(院長)のブログです。
*今までの院長のブログはこちらです。

ブログ一覧

色覚検査について

学校における色覚検査に関して、平成26年4月30日に文科省の通知において、従来希望者への色覚検査を実施していなかった学校において、適切に対応することや養護教諭等が学校における色覚検査について正確な知識を持つことの重要性が指摘されています。

平成27年9月には日本眼科学会と日本眼科医会のこれに関する見解が出て、希望調査の適切な実施方法や希望調査票の活用、推奨する色覚検査表やその判定の仕方について述べられています。それらを踏まえ、色覚異常の児童生徒が学校生活や進学、就職等で不利益を受けることがないよう、教育委員会・学校医・学校が連携の上、正しい色覚検査が実施されるよう対応をお願いしています。

先天色覚異常は男性の約5%(20人に1人)、女子の約0.2%(500人に1人)の割合でみられます。色が全く分からないのではなく、色によって見分けにくいことがある程度で、日常生活にはほとんど不自由はありません。しかし、状況によっては色を見誤って周囲から誤解を受けることや、色を使った授業の一部が理解しにくいことがあるため、学校生活での配慮が望まれます。本人には自覚がない場合が多く、児童生徒等が検査を受けるまで、保護者もそのことに気付いていない場合も少なくありません。治療方法はありませんが、授業を受けるにあたり、また職業・進路選択にあたり、自分自身の色の見え方の特性を知っておくためにも色覚検査は大切です。

先天性色覚異常への対応には、一般知識(誤解)に対するアドバイスとして、先天色覚異常の有効な治療法はないこと、白黒の世界ではなく、色知覚は可能であること、普通自動車(第1種)に免許はほとんど取得できること、理工系・医歯薬系の大学にも進学できることなどがあります。見る条件や色覚異常の方や程度によっても異なりますが、色誤認しやすい色の組み合わせがあります。具体的には、焼き肉の肉が焼けたかどうか見分けにくいということがあります。色誤認をきたしやすい条件(環境)は、暗い環境下、対象物が小さい場合、鮮やかさの低い中間色、集中力が欠如しているとき、急いでいるとき、疲れているとき、イライラしているときがあります。

家族から教師へのお願いとしては、他の児童に知らせることを避け、嫌な思いや恥ずかしい思いをさせない、色を扱う授業も他の児童と同様に行わせ、色誤認があっても、個々の見え方や感じ方を大切にし、自尊心を傷つけないよう、劣等感を抱かせないよう細心の配慮を求めています。

最後に職業選択上のアドバイスとして、本人の希望・意思を尊重し、いたずらに職種を制限せず、会社の受け入れ状況、業務内容を確認させ、色覚異常者が不利益を受けることがないようなアドバイスが求められています。色覚異常が問題となる資格試験には、航空機乗組員、海技従事者、鉄道関係などの職業運転手、警察官、自衛官、消防などで、ハンディーとなる職種は印刷、塗装、繊維工業、野菜や魚の鮮度の選定など微妙な色識別を要する職種があります。

27年夏休み 北部九州旅行3

にっしょうかん別邸紅葉館からの長崎の夜景。

世界新三大夜景の長崎の夜景スポット稲佐山公園展望台の対面に旅館がありました。

標高は低いのですが、食事をしながらゆっくりと夜景を堪能できました。

色々と条件を変えて撮影してみましたが、難しいです。

DSC_2169 (2) DSC_2181 (2) DSC_2200 (2)翌朝、巨大な豪華客船が入港していました。

DSC_2208 (2)

こちらは今回利用した小さなアクア。相変わらず燃費が良いです。

DSC_2213 (2)

眼鏡橋と護岸のハート形の石垣。

DSC_2222 (2) DSC_2221 (2)

平和公園 平和祈念像と長崎の鐘。

DSC_2233 (2) DSC_2229 (2)

グラバー邸。園内の建物が傷んでいて一部修復中でした。

DSC_2246 (2)

豪華客船はジェノバのコスタ・セレナ号でした。

DSC_2258 (2)

今回は台風が心配でしたが、天気に恵まれすぎて、猛暑で疲れました。

雨男の神通力も還暦と伴に消滅したようです。(笑)

やっぱり夏は涼しい処が良いですね。

IMG_2176

27年夏休み 北部九州旅行2

嬉野温泉 萬象閣・敷島の貸切露天風呂。

IMG_2151 (2)

有田陶芸の里プラザ。

当初は佐賀県立九州陶磁文化館を予定していましたが、月曜日は休館日でした。

ようやく有田焼のフクロウグッズを仕入れることができました。

また、HPでアップします。

DSC_2081 (2) DSC_2082 (2)

ハウステンボス。

アトラクション施設には立ち寄らず、シニア向けの満喫チケットで入場。

タワーに上れなかったのは誤算でした。

DSC_2089 (2) DSC_2090 (2) DSC_2091 (2)園内はカナルクルーズで移動。

DSC_2094 (2) DSC_2100 (2) DSC_2103 (2) DSC_2104 (2) DSC_2106 (2)パレスハウステンボスで美術館と庭園を見学。

DSC_2110 (2) DSC_2117 (2) DSC_2120 (2) DSC_2135 (2)ポルセレインミュージアムで色々な有田焼を見学。

DSC_2142 (2)オランダらしい風車のある風景。

DSC_2152 (2) DSC_2155 (2)この後は最後の宿泊地の長崎市内へ。(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

27年夏休み 北部九州旅行 1

27年8月の夏休みを利用して、福岡・佐賀・長崎旅行に行ってきました。

これで、九州は全県制覇。全国制覇まで、残るは本州の富山と四国の香川以外の3県になりました。

8月8日(土)診療終了後に羽田から福岡に向かって出発。博多駅前の都ホテルに宿泊。

団体客が入っていてツインが満杯なので、差額なしでジュニアスウィートにグレードアップ。

IMG_2142 (2)翌日は、柳川市内の川下り。

DSC_1942 (2)

女性の船頭さんは3人いるそうですが、そのうちの一人が担当でした。

DSC_1959 (2)

元気な声で挨拶されました。

DSC_1954 (2) 河童の昼寝。

DSC_1966 (2) 川岸の柳が綺麗。

DSC_1969 (2) 中間地点のお休み処。DSC_1974 (2) DSC_1989 (2) 船頭さんが楽しそうに話をしていました。DSC_2008 (2) DSC_2012 (2) 柳川藩主立花邸 御花。DSC_2006 (2) 庭園 松濤園。庭を見ながら鰻の蒸篭蒸しを頂きました。 DSC_1996 (3)

昼食後は佐賀県の吉野ヶ里歴史公園へ。DSC_2014 (2) 環濠集落を守るように杭も作られていました。

DSC_2018 (2) もののけ姫に出てきそうなイノシシ。

DSC_2020 (2) 中庭を囲む住居と矢倉。

DSC_2025 (2) 気温37.5℃。暑い中、糸作りの実演を行っていました。DSC_2029 (2) 見張り櫓からの眺め。

DSC_2032 (2) DSC_2034 (2) DSC_2036 (2) DSC_2039 (2) 東南アジアのような景色。DSC_2042 (2) 集落の中心の王宮。DSC_2050 (2)

さすがに猛暑が厳しく、全域を回り切れませんでした。

その後は無理をせず、宿泊先の嬉野温泉に向かいました。(つづく)

眼科と在宅医療との関わりについて

東京都眼科医会報2015年夏号の「診療あれこれ」に投稿した内容です。

**********************************

平成27年度第2回目の介護認定審査会の資料(認定基本調査票、特記事項、主治医意見書)の事前の読み込みが済みました。今回は1次判定の変更は少ないようでした。

武蔵村山市医師会では、会員数が少ないので診療科に関係なく正会員は介護認定審査会の委員を順番で最低でも1期2年引き受けることが義務になっています。但し、特別な事情があれば免除されます。前回は北多摩医師会の理事や市医師会の副会長兼会計を行っていたので免除させて頂きました。今年度その順番がまた回て来ました。5月末に3期5年務めた市医師会の会長を退任して時間的に余裕ができるだろうということで、引き受けることになりました。

武蔵村山市で開業して22年目になりました。20年もやっていると慢性疾患の患者さんの高齢化が進み、開院当時に比べると80歳以上の患者さんが大幅に増えてきています。また、病気や足腰が弱くなったという理由で一人では通院するのが困難になって、家族が付き添って時々来院したり、家族が薬だけ取りに来る人も年々増えてきています。また、一方では待合室の床に唾を吐いたり、ズボンが濡れていて尿臭のする患者さん、果てには待合室で毎回失禁してしまう患者さんなどもいて、職員もその対応に苦慮しているところです。

今回、介護認定審査会の見学や初回の研修会を受けて実際の資料を見てみると、前述した外来で対応に困っているような患者さんは特別なことではなく、介護の現場では日常茶飯事で当たり前のことのようです。

日本眼科医会では以前から眼科も在宅医療に積極的に関わるように推奨しています。私もホームページでは「往診します。」と告知していますが、実際は年に2~3回程度でそれほど積極的ではありません。最近外来患者数が減少してきていることや受診したくともできない患者さんが増えてきている現状を考えると今後在宅医療の需要は増えると思われます。全ての眼科医が在宅医療をやる必要はないと思います。必要を感じている眼科医が、まずは自分ができることから始めることが大切だと思います。

ただ、往診は病状の急変などがあり患家からの要請がないと行けません。一方、目の4大成人病(白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症)のような慢性疾患の場合は応急的な往診ではなく、定期的な訪問診療が必要と思われます。

しかし、診療報酬上は内科等の他科がすでに訪問診療料を算定している場合、眼科では算定できず往診料で対応するしかないようです。これが、眼科が在宅医療に関わることを妨げている原因の一つと考えられます。今後の診療報酬の改正の際は、眼科や耳鼻咽喉科、皮膚科等の内科以外の専門医の訪問診療を認めるようにして欲しいと思っています。

2025年問題―団塊の世代の人たちが全て後期高齢者になり、それに伴う医療や介護の社会保障費の増加が問題視されています。その対策として国は「地域包括ケア」のシステム作りを進めています。28年度末がタイムリミットですが、眼科も何らかの形で協力して行く必要があると考えています。

そして、2025年には自分は70歳。健康寿命を考えるとたぶん大丈夫だろうと楽観はしていますが、今まで通りに医療を提供する立場にいるのか、それとも医療や介護を受ける立場にいるのか、私のもう一つの2025年問題です。