医療法人社団晴山会 おしきり眼科

おしきり眼科は武蔵村山市にある眼科(予約優先制)です。

TEL.042-562-6688

〒208-0011 東京都武蔵村山市学園3-50-1

当院の設備
このエントリーをはてなブックマークに追加
当院の医療設備の一部を紹介します。
視力測定機器(字詰まり視力計と字一つ視力計)
5m視力表。裸眼視力やレンズで完全に矯正した矯正視力を測ります。




車イスや足の不自由な方用の視力計
1.1mで測定します。




自動屈折検査
この器械を使って、目の屈折状態(近視、遠視、乱視の程度)を測ります。この検査結果をもとに視力検査を行います。




非接触型眼圧計
目の表面に空気を噴射して、空気の力でどの程度角膜の表面が変形するのかによって、眼球内圧を測定します。

(接触型の眼圧計もあります。)



静的視野計
片目で一点を見つめて、眼を動かさないで見える範囲を視野といいます。
その視野内の感度を調べます。
一定の範囲内の光をどの明るさまで感知できるかを測定します。




眼底カメラ
眼底の状態を写真を撮って記録・保存できます。



眼底3次元画像解析装置
特殊なレーザー光線を使って、網膜や視神経を断層撮影します。



レーザー凝固装置
半導体レーザーを使って、網膜の凝固や虹彩に孔を開けます。




往診用手持ちスリットランプ
往診や車椅子の方の診察時に使用します。



双眼倒像鏡
目の前に凸レンズを置いて、眼の中に光を入れて、眼底を拡大して観察する検査です。
両目で見るので立体的に見えます。




画像ファイリングシステムにつながったスリットランプ
光の種類や光の角度を変えることで、主に目の表面、涙の状態、角膜、結膜、水晶体等を検査します。