医療法人社団晴山会 おしきり眼科

おしきり眼科は武蔵村山市にある眼科(予約優先制)です。

TEL.042-562-6688

〒208-0011 東京都武蔵村山市学園3-50-1

05月

糖尿病と虹彩炎について

糖尿病が原因で生じる目の合併症の一つに「虹彩炎」があります。

虹彩炎は、瞳を取り囲んでいる茶色(多くの日本人の場合)の部分である「虹彩」の炎症です。

症状としては、視力低下、充血、眼痛、霧がかかって見える霧視、ゴミが浮遊しているように見える飛蚊症、光を眩しく感じる等があります。

病気が進行すると、フィブリン膜が形成されたり、虹彩と水晶体の前面が癒着して本来円形の瞳孔がクローバー状に変形することがあります。また、眼圧が上昇して続発性緑内障を起こして角膜の浮腫が生じて更に視力低下が進行することがあります。

治療は、原則として炎症を抑えるステロイドホルモンの点眼薬や虹彩を安静にさせる散瞳薬を用います。続発性緑内障を合併している場合は眼圧を下げる点眼薬も使用します。

糖尿病のコントロール状態が悪いと発症しやすいので、目の治療と並行して糖尿病の内科的治療も欠かせません。

虹彩炎の治療には早期発見・早期治療が大切です。糖尿病は、この虹彩炎の他に様々な目の合併症を引き起こします。

糖尿病の患者さんは日頃から定期的に眼科を受診しましょう。

そして、目の異常を感じたら速やかに眼科を受診して下さい。

伊豆シャボテン公園

GWの帰りの日は、伊豆シャボテン公園に立ち寄って来ました。

一部制限がありましたが、ワンコと一緒に回ってきました。

緑一色のイメージでしたが、予想に反してシャボテンの花がカラフルで綺麗でした。

お土産用にシャボテン狩りもしました。

DSC_0347

駐車場が混雑していて、麓の大室山の前の駐車場に停めて、麓駅からシャトルバスでメインゲートに行きました。

DSC_0319

園内から眺めた大室山。

DSC_0326

オレンジ色のシャボテンの花。

メモするのを忘れましたので、名称は不明です。

DSC_0328

 

DSC_0331

色鮮やかな赤紫色の花。

DSC_0336

今回一番驚いたリング状に花が咲いたシャボテン。

綺麗にリング状に並んで、まるで宝石のような輝きの花でした。

DSC_0243大室山山頂から小室山方面の眺め。

 

DSC_0234

近くのドッグカフェpupu cafe http://www.pupucafe.com/ にて、暑いので木陰で涼む愛犬のチビです。

尚、伊豆シャボテン公園のホームページはこちらです。http://shaboten.co.jp/

フェイスブックはこちらになります。https://www.facebook.com/shaboten.group

らんの里堂ヶ島

GWの後半は、ワンコと一緒に伊豆へ行ってきました。

伊豆高原はほとんど回りましたので、今回はちょっと遠出して西伊豆の堂ヶ島にも行ってみました。

らんの里と加山雄三ミュージアムに行くのが目的でした。

DSC_0253

 ワンコも一緒に園内に入ることができます。

DSC_0267

ピンクと白の胡蝶蘭。

DSC_0270

赤いブラシのような花。

テロペア・スペキオシッシマ(オーストラリア原産)

(花の名前をメモするのを忘れましたので、花の名称が不明な写真があります。)

DSC_0271

 

DSC_0275

 赤い舌のようなアンスリウム。

DSC_0276

 

DSC_0277

 

DSC_0307

 

DSC_0308

 中心部がピンクと黄緑色のコチョウラン。

DSC_0282

園内のつり橋からの眺め。小さな入り江にクルーザーが停泊していました。

お土産は、特殊製法で作ったドライフラワーのグラスフラワーを待合室用に購入してきました。

ついでに、隣の加山雄三ミュージアムで以前から探していた加山雄三カバー・ソングス ホライズンのCDも購入してきました。

尚、らんの里堂ヶ島のホームページはこちらです。http://www.dogashima.com/

フェイスブックはこちらになります。https://www.facebook.com/dogashima#!/dogashima

 

山形の桜 置賜さくら回廊編

中学校の同級会の翌日。同級生に観光タクシーをお願いして中学校の学区内の桜と白鷹・長井の置賜さくら回廊を巡って来ました。

同級生なので気兼ねなく、格安で楽しい旅でした。

途中、桜の写真を撮りに来ていた同級生にも会うことができました。

IMG_0265

 最上義光の菩提寺光禅寺。小学校の通学路の近道で、良く遊んでいました。

IMG_0267平清水の平泉寺。ちょうど春のお祭りの準備をしていました。

近くの「七右衛門窯」は、同級生の嫁ぎ先です。

IMG_0281

春の苗代の種蒔きの頃に花が咲く『八乙女種まき桜』。

八幡神社の境内にあり、源義家が8人の乙女に舞楽を奉納させたと言われています。

IMG_0289

称名寺阿弥陀堂の桜。雪山とのコントラストが綺麗でした。

IMG_0297

赤坂の薬師桜。樹齢970年。

IMG_0300

山口奨学桜。今回の中では一番満開でした。

IMG_0309

十二の桜。樹齢400年の老木の古株が残り、現在は3代目のエドヒガンザクラ。

十二は「十二薬師堂」の意。

IMG_0313

薬師桜。樹齢1200年のエドヒガンザクラ。

坂上田村麻呂が奥州征伐の時に手植えしたものと言われています。

IMG_0323

釜の越桜。樹齢800年のエドヒガンザクラ。

手前の大木の方で、花は一部にしか咲いていません。

源義家がこの近くに陣を張った時に、桜の下の石でかまどを築いたとの伝説があります。

IMG_0329

白兎のしだれ桜。日本三十三枝垂れ桜の一つ。

IMG_0336

草岡の大明神桜。

伊達政宗が鮎貝の初陣の際、敗れてこの桜の洞に隠れたと言われています。

 

IMG_0342

最上川堤防の千本桜。約二キロにわたってソメイヨシノが300本植えられています。

(今回付き合ってもらった八千代タクシー。)

IMG_0355

伊佐沢の久保桜。樹齢1200年のエドヒガンザクラ。

坂上田村麻呂と豪族の久保氏の娘の伝説があります。

ソメイヨシノとは違う色んな桜を楽しめました。

観光客も多く、老木が多くまだ満開ではありませんでしたが、なんかそっとしておいた方が良いような気もしました。

時間の関係で他の桜は見れませんでしたが、次回の楽しみにとって置きます。

山形の桜 霞城公園編

GW前半は、山形の中学校の同級会に行って来ました。

山形で桜を見るのは、学生時代以来ですので、桜の名所の一つの『霞城公園』に行って来ました。

東京でできなかった花見を堪能してきました。皆様もお楽しみ下さい。

尚、容量の制限がありましたので、画質を落としています。

IMG_0153 -ブログ二ノ丸東大手門から南側の霞城セントラルを眺める。

 

IMG_0169勇壮な最上義光騎馬像。

 

IMG_0181二ノ丸北不明門の桜。

IMG_0193城内の少年野球の試合。

IMG_0196二ノ丸西不明門の桜。

IMG_0208城内の野球場での母校の試合。

IMG_0235東大手門の櫓。

IMG_0240二ノ丸東大手門の全景。

IMG_0154二ノ丸東大手門の北側の堀の桜。