当院の設備

当院の医療設備を紹介します。

【視力測定器】

5m視力表:裸眼視力やレンズで矯正した矯正視力を測ります。

左の液晶ディスプレイの視力表は、字一つや絵視標も可能です。

 

【車いすや足の不自由な方用の視力計】

1.1mで測定します。

 

【自動屈折検査】

目の屈折状態(近視、遠視、乱視の程度)を測る器械です。

この検査結果をもとに視力測定を行います。

 

【非接触型眼圧計】

目の表面(角膜)に空気を吹付けて、空気の力でどの程度角膜が変形するのかによって、眼圧を測定します。(接触型の眼圧計もあります。)

 

静的視野計】

片目で一点を見つめて、目を動かさないで見える範囲を視野と言います。

その視野内の感度を調べます。(一定の範囲内の光をどの明るさまで感知できるのかを測定します。)

 

【眼底カメラと眼底3次元画像解析装置の複合機】

眼底のカラー写真と特殊なレーザー光線を使って網膜や視神経を断層撮影します。

それらを記録・保存できます。

 

【レーザー凝固装置】

半導体レーザーを使って、網膜の凝固や虹彩に孔をあけます。

 

【手持ちスリットランプ】

往診や車いすの方の診察時に使用します。

 

【スリットランプと各種検査器械のビューワーモニター】

細隙状の光の種類や角度を変えることによって、主に目の表面、涙の状態、角結膜、水晶体などを検査します。

 

【双眼倒像鏡】

目の前に凸レンズを置いて、瞳孔を通して目の中に光を入れて、眼底の状態を検査します。

両眼で見るので立体的に見えます。

 

【スポット ビジョン スクリーナ】

小児の屈折や眼位を測定します。高齢者や車いすの方の検査にも使用できます。